占い師の先生にも得意なジャンルがありますが、電話占いなら全国の占い師と繋がれるのであなたの悩みにあった相談相手が見つかるでしょう。

占いで現在と未来、自分自身をも知れる

悩みにあった相談相手

自分で答えが出せないときに

投稿日:

私を助けてくれる占いの力

自分では答えが出せないことに悩んでいるときや、これから先の事に不安になるときに、何かが答えを示してくれたらすごく気持ちが楽になりますよね。

私は、占いをもともと信じる方なのですが、そんな時本屋さんで、「魔法の杖」という一冊の本に出会いました。この本は、私をいつも助けてくれて、前に進む勇気をくれる強い味方です。
魔女のイラスト

「魔法の杖」使い方

魔法の杖という本は、YesかNoで答えられる質問を、本を閉じた状態でしてから、ここだと思ったページを直感で選んで、開きます。

開いたページには、自分で導き出した問いの答えが待っているのです。不思議なことに、自分にとって必要な言葉や、欲しかった言葉が待っていることが本当に多くて、いつしか迷った時に、この本を開くのが当たり前になっていました。

よく、おみくじって、だれにとっても 当てはまるようなことを書いてある、と言いますよね。この本も同じように、どんな問いに対しても当てはまるような、どっちともとれる内容の答えが、書かれているのだろうな、と最初は思っていました。

でも、質問をせずに、本のページをぱらぱらとめくってみると、「その質問に対する答えは間違いなくイエスです」とか、「それは絶対にありえません」とか、両極端なはっきりとした答えもあるのに驚きました。

こんなにはっきりと言い放たれてしまうなら、重要な質問をする時には慎重にならなくては、と思ったくらいです。この本は、占いの本でありながら、自分で、結果を導き出す、というところがとても気に入っています。

自分の直感が選び抜いた答えは、どんな占い師の言葉よりも正しいという気がしませんか?私は、これからも、迷った時には、この本を開くと思います。

大切にしているうちに、本との絆も深まり、より良い結果が出せるようになってきたように思います。人生のサポーターとして、一人一冊持っていても良いかもしれませんよ。

-悩みにあった相談相手

Copyright© 占いで現在と未来、自分自身をも知れる , 2021 All Rights Reserved.